肩こり 頭痛 

  • 長時間デスクワークの仕事があり肩が辛い
  • 肩コリの自覚がありリラクゼーションや整体に行っても一時的に楽になるだけで治らない
  • 肩が辛すぎて頭痛・吐き気・めまいがある
  • 湿布・ロキソニンが効かない
  • 一日1回は猫背で10分以上スマホをながめる

肩こり(かたこり 肩凝り)とは症候名のひとつ。だけでなく、も凝ることが多い。「肩が張る」とも言う。主に僧帽筋に起こる症状。厚生労働省による国民生活基礎調査における有訴者率で男の2位、女の1位を占める症状である(男の1位、女の2位は共に腰痛)。

後頭部から肩にかけて詰まったような、こわばった感じや不快感・こり感・重苦しさや痛みにいたる症候の総称である。頭痛、吐き気を伴うことがあり、頸肩腕症候群の初期症状である場合もある。

 

こうして起こる 原因は?

直接的な原因は長時間、首や背中が緊張するような姿勢をとり続けたり、猫背、前かがみなどの姿勢の悪さ、ショルダーバッグ冷房などが原因とされる。それらが原因で頭や腕を支える僧帽筋やその周辺の筋肉(肩甲挙筋上後鋸筋菱形筋群・板状筋脊柱起立筋)の持続的緊張によって筋肉が硬くなり、局所に循環障害が起こる。それによって酸欠状態になり酸素や栄養分が末端まで届かず、疲労物質や発痛物質が蓄積しこれが刺激となって肩こりを起こすと考えられている。 或いは、筋肉を包む筋膜に出来る皺(しわ)が原因となる場合もあることが、最近分かってきた。

正しい姿勢がとれなくなってしまったり、体の使い方が正しくなくなる原因はインナーマッスルの筋力低下です。根本的な原因は筋力低下とそれによるカラダの歪みです

 


また症候性肩こりと言われる肩こりがあり、ある疾患によって起こる肩こりであり、頚椎性、心因性、眼疾患、肩関節疾患、心肺疾患、歯や顎関節疾患、耳鼻科疾患による場合などがある。

肩こり  頭痛の治療法

 

 

 

 

 

当院の肩こり改善プログラム