腰の椎間板ヘルニア

  • 繰り返す腰痛に加え脚に痛みと痺れを感じる
  • ギックリ腰と思っているけどなかなか痛みが取れない
  • 運転や座る事があるとお尻から足にかけてだるさと痛みがキツイ
  • ヘルニアと診断されて手術が必要と言われたが出来ればしたくない
  • 腰が痛くて病院に行ったら安静と言われた

神戸三田ゆい鍼灸接骨院・整体院の腰のヘルニアに対する治療についてご紹介します。 椎間板の変性や背骨の変形、神経の圧迫とされてきた痛みやしびれの多くは先ずはMPS(筋筋膜性疼痛症候群)をさぐっていく必要がありますMPSの原因は筋肉の血流不足・酸欠ダメージでありますので神戸三田ゆい鍼灸接骨院・整体院での治療は先ずは主に筋肉に対して行っていきます。しかし筋肉は全身で600以上もありますから患者様ごとに異なる原因になっている筋肉を正しく見極める必要があります。しかも、痛みやしびれのある部分と原因の筋肉は必ずしも同じ場所にはありませんので、治療の前の問診や検査はより重要になってきます。 そして、その問診や検査に基づき「早期改善を目指して」行います。早く痛みをとるために痛みの原因である筋肉の特性である筋肉の反射と血流改善機序を利用し筋肉の内側から効果的に血流を改善する最新の治療を行います。 痛みの治療の原則は早期改善です。慢性化した痛みやヘルニアと診断された痛みも諦めず私たちと一緒に改善して笑顔になりましょう‼︎

ヘルニアは正しくは椎間板ヘルニアと呼ばれる病気で腰(腰椎)や首(頸椎)によく起こります。急激な外力が加わったり繰り返し重たいものを持ち上げるような作業を行うことで背骨のクッションになっている椎間板が変形したり飛び出す事で椎間板の後ろを走る脊髄や脊髄神経を圧迫して激しい腰痛や脚のしびれ・腰から脚にかけての放散痛を生じさせるといわれています。

そのため、整形外科や病院では指先や足の感覚の異常をチェックして神経症状の有無します。また、レントゲンで背骨(腰椎や頸椎)の変形を確認します。さらにMRIで椎間板の変性を確認します。

そこで、背骨の変形や椎間板の変性・しびれや痛みなどの症状があれば「腰椎(あるいは頸椎)椎間板ヘルニア」という診断が下されます。

ここまでが病院での一般的なヘルニアの診断基準と流れになります。

しかし、実はこういった現在行われている診断基準は実に古い医学によるもので諸外国では背骨(腰椎や頸椎)の変形が神経を圧迫して痛みやしびれを引き起こすという診断はすでに行われていません。

しかも、日本の整形外科では原因を背骨の変形あるいは椎間板による神経の圧迫としているにもかかわらず、「痛み止めと湿布だけ」といった単なる症状の対処的な、ごまかすだけの治療しか行わないところが多いのが実際です。

「完治の為には手術しかないのか」と不安な状態で相談に来られる方が数多くおられます

ヘルニアの原因

 

神経の圧迫や背骨の変形・椎間板の変性もさることながら根本から出た神経は沢山の筋肉の間を通りながら足先・指先まで走ります。その通り道に原因がないのか!?へルニアの診断はくだったが他に原因がないのか!?

本当の原因なんなのか?  それが大事だと神戸三田ゆい鍼灸接骨院・整体院は考えています。そしてその原因をしっかり見つけ出しアプローチするのが得意な接骨院・整体院・整骨院です👍

まずは、そもそも「ヘルニア=手術」ではない「ヘルニアと診断されてても実は椎間板以外の別の場所で原因がある事が80%以上ある」ということをご理解いただきたいと思います。このことは諸外国ではすでに常識で、ヘルニアによる手術療法はすでに行われておりません。

今まで、ヘルニアが原因と言われている腰痛や脚のしびれ、臀部の痛みやしびれは「筋肉や筋膜に生じたトリガーポイントという血流不足・酸欠ダメージの結果生じる筋肉のしこり」であることが分かっています。これをMPS(筋筋膜性疼痛症候群)と言います。

これは、日本でも痛みの最新・最先端な治療を行っておられる石川県の加茂整形外科の加茂淳先生や東京慈恵医科大学付属病院のペインクリニック診療部長の北原雅樹先生が積極的に研究し臨床現場でも高い成果を残しておられます。

つまり、今までの日本の医学(整形外科)は痛みやしびれの原因を大きく取り違えてきたということです。そのため、医療が発達しているなか「慢性痛」という慢性的に痛みしびれコリのような症状に悩まされている方は増加傾向をたどっています。

私たち神戸三田ゆい鍼灸接骨院・整体院では神戸市北区・神戸三田・三田市・西宮市山口・宝塚を中心に新しい痛みの診断基準に基づきこれまでなかなか解消されなかった患者様の痛みや症状に向き合い日々全力で施術に当たっています。つまり、ヘルニアだと診断されてても諦めず一度当院にご相談下さいませ^ ^

微力ながら患者様が笑顔で過ごせるお手伝いをさせて頂きます!

神戸三田ゆい鍼灸接骨院・整体院の治療方針

 

神戸三田ゆい鍼灸接骨院・整体院のヘルニア治療法

神戸三田ゆい鍼灸接骨院・整体院の腰のヘルニアに対する治療についてご紹介します。

椎間板の変性や背骨の変形、神経の圧迫とされてきた痛みやしびれの多くは先ずはMPS(筋筋膜性疼痛症候群)をさぐっていく必要がありますMPSの原因は筋肉の血流不足・酸欠ダメージでありますので神戸三田ゆい鍼灸接骨院・整体院での治療は先ずは主に筋肉に対して行っていきます。しかし筋肉は全身で600以上もありますから患者様ごとに異なる原因になっている筋肉を正しく見極める必要があります。しかも、痛みやしびれのある部分と原因の筋肉は必ずしも同じ場所にはありませんので、治療の前の問診や検査はより重要になってきます。

そして、その問診や検査に基づき「早期改善を目指して」行います。早く痛みをとるために痛みの原因である筋肉の特性である筋肉の反射と血流改善機序を利用し筋肉の内側から効果的に血流を改善する最新の治療を行います。

痛みの治療の原則は早期改善です。慢性化した痛みやヘルニアと診断された痛みも諦めず私たちと一緒に改善して笑顔になりましょう‼

具体的な治療内容

健康保険を使った治療はできませんが問診は健康保険が使えます。

問診料  440円

 

検査料  1000円

 

基本メニュー トリガーポイントマッサージ トリガーポイント整体

1回  3240円(税込)

 

効果UPメニュー

 

1回  2160円(税込)

 

創業40年のカリスマ院長中心に特殊鍼灸治療を行っています

 

1回  5400円(税込み)

初診料は別途1440円かかります

どこに行っても改善しなかった腰の痛み ヘルニア 一度特殊鍼灸を体感してください
 
一番遠い患者様は千葉から来られています!!